デブの大食い

ジャニーズJr.を見届けたい

アイドルが報われないのは嫌だ

2017年3月8日放送のザ少年倶楽部、テーマは絆。

 

 

その中でSexy Zone中島健人くんが3.11について話した。

 

 

それを聞いてふと考えた。

 

 

そうか、彼は、これからも3.11を背負って仕事をするのだ。

 

 

彼のファンは幅広くいる。全国にいる。

 

 

また、彼は3.11を忘れないように伝え続ける媒体としての存在でもある。

 

 

彼は、背負い続ける。彼らアイドルは、背負い続けるのだ。

 

 

 

 

 

コンサート中、アイドルが口にしているよく「嫌なことを全て忘れて」。

 

 

はっきり言ってアイドルを見て応援したところで、嫌なこと全部ナシにすることはできないと思うし、実際できない。

 

 

そう思っていた。

 

 

 

 

でも、それは違うかもしれない。そういうことではないかもしれない。

 

 

「明日からまた頑張って生きる糧になる」ことが彼らアイドルのひとつの目指すべきところであって、またそれがアイドルの存在価値であるとしたら。

 

 

「がんばって生きる糧になる」ために「嫌なことを全て忘れさせる」ことが彼らのアイドルという仕事の目的であるとしたら。

 

 

彼らが目的とするのは、わたしの日々の生活を生きるひとつのきっかけになることか。

 

 

わたしの好きなアイドルをひとつのきっかけとして「また明日もがんばるか!」と思えることは、わたしの好きなアイドルの夢を叶えることになるのかもしれない。